INCUBATOR

INCUBATOR's BLOG

営業マンこそ新規事業発案の起点に

新規事業を生み出す起案者2019.03.01

某社の法人向け営業部門で、営業スタイルを大きく変革していくプロジェクトに伴走しています。

よく言われることですが、御用聞き営業から顧客課題解決型営業へ。
自分もオールアバウト時代に営業部門を率いたとき 同じように取り組みましたが、簡単なことではありません。

元々営業職出身の自分には、
「本来BtoB企業における新規事業起案の起点は営業部門であるべし」
という持論があります。

でも現実には、研究開発部門が起点となって発案するものの壁になってしまっている場面も多々見てきました。
最近は社内起業提案制度を軸にした仕事をさせていただくことが多いですが、逆説的には
「本来、こういった制度がなくとも普段の営業行為の延長線上で新規事業の起案が現場から起きてくるのが最強。」
と思っています。

今回の取り組みの中で、お客様との対話の中から新規事業の芽を見つけ出します。
営業マンの皆さんに、お客さんとの会話のなかでビジネスチャンスを見つけ出すコツをお伝えし、取り組んでいただいています。
選抜されたメンバーですが、通常業務に上乗せなので負荷が大きいかと懸念しましたが、幸い皆さんとても楽しそうに遣り甲斐をもって取り組んでくれています。
もし同様の問題意識をもった営業部門の方があればご一緒したいです。とうぞお声かけください。